(ドイツのグルメ)美味しい鳥のグリルなら「henne」

1月末から冷え込み、ベルリンは一面の雪景色となりました。ところが2月に入ると、一転して気温が上がり、ベルリンの風景は元通りに。季節的には一番寒い時期のはずですが、既に春の気配さえ感じます。これからは屋外に長く居ても寒くないかもしれません。それならばと思い、外で待つことを覚悟して大人気のお店に行ってきました。それは美味しい鳥料理で有名なお店「henne」です。 「henne」があるのはベルリンの中心部から少し南に行ったクロイツベルク地区。特に多くの飲み屋さんが集まるコトブッサートアー駅の近くにあります。お店が開店するのは18時。前回訪れたときは19時の時点で満員で寒空の下で待たなくてはならず、泣く泣く諦めています。今回はそのリベンジとばかりに、絶対食べようと開店前に訪れることにしました。 お店に到着したのは開店10分前。今回は私たちが一番のりでした。お店に入ってしばらくすると、続々とお客さんが入ってきます。そして30分もしないうちに店内は埋まり、新しくやってくるお客さんは待たされることに。やはり、こちらのお店は大人気のようです。そんな行列必至のお店の名物は鳥のグリル。じっくり時間をかけて焼かれた絶品の鳥料理です。 注文が入ってから焼かれるということらしく、注文してからしばらく待つことになりました。鳥のグリルが出てくるまでは、一緒に頼んだビールとコールスローサラダをつまみながら待ちます。付け合わせのコールスローサラダですが、思った以上に美味しく、サラダだけでもグラス一杯が空になってしまうほど。ますます鳥のグリルへの期待が高まります。 ついにやってきた鳥のグリル。半身のチキンがこんが