(ベルリンの建築)ベルリンの中でも最も美しい美術館の1つ「アルテス・ムゼウム」

ベルリンには市内を2分するように1つの川が流れていますが、その市中心部には中州が形成されています。この中州の北半分には現在5つの美術館・博物館があり、これらを「博物館島」と呼びユネスコの世界遺産に登録されています。当時、ベルリン王宮と対面するように、この博物館島の中で最初に建てられたのが、アルテス・ムゼウム(旧博物館)でした。この博物館は、ドイツ人建築家カール・フリードリヒ・シンケルによって設計され、後の建築家や美術館建築に大きな影響を与えてきました。今回は、そんなアルテス・ムゼウムについて詳しく見ていきましょう。 まずは、この博物館を手掛けた建築家カール・フリードリヒ・シンケル(1781~1841)について簡単に紹介しておきましょう。彼の建築は、新古典主義を中心としたスタイルのものが数多く残っており、アルテス・ムゼウムのすぐ近くにあるノイエ・ヴァッヘやポツダムのバーベルスベルク宮殿なども彼が手掛けています。特筆すべきは、彼の建築で良く見られる列柱空間で、この古代ギリシア建築由来のポルチコをベルリンの都市風景として根付かせたとも言われています。 まだベルリン王宮が存在していた1830年に開館したアルテス・ムゼウムは、正面にベルリン王宮、向かって左側にベルリン大聖堂が建つ場所に建設されました。これらの建物によって、王宮の庭園であったルストガルテンを囲んでいました。そうしたことから、特にこのルストガルテンに面するアルテス・ムゼウムのファサードにシンケルは力を注いでいます。 ここでも彼は、18本のイオニア式の円柱で列柱空間を生み出しています。それに加えて、幾何学的、シンプルかつ端正な

本好きにはたまらない!?重厚な雰囲気の大学図書館

ベルリン観光コースの定番、ブランデンブルク門とそこから続く大通り「ウンターデンリンデン」を少し入ったところにベルリン・フンボルト大学が誇る図書館、Jacob-und-Wilhelm-Grimm-Zentrumはあります。 200万冊というドイツ国内でも最大級の蔵書を誇るこの大学図書館は、スイスの建築家Max Dudlerによって設計され2009年にオープンしました。 広々としたスペース、重厚な建物に圧倒されること間違いなし、そして本好きな人ならドイツ語がわからなくてもたくさんの本に囲まれうっとりしてしまうのではないでしょうか。自分の読みたい本をこの図書館に持参して、広々としたスペースでのんびりと本の世界に浸るのもお勧めです。 館内には個別作業室や、学生の気分を味わえる比較的値段の安いカフェ、ゆったりと読書ができるソファも併設されていて、大学生だけではなく一般の人にも提供されています。 初めて訪問される方は戸惑うかもしれませんが館内の奥に進むゲートのところにセキュリティの人が居て、大きな荷物を持って館内の奥に入ろうとすると、荷物をロッカーに預けるか図書館内で売られている透明なビニールバックに荷物を移し変えるよう注意されます。 ロッカーに使える南京錠を持参すれば別ですが、それ以外の場合はロッカーに鍵をかける際にもMensa(学食)カードが必要になりますのでご注意ください。Mensaカードは館内にある自動販売機で誰でも購入でき、館内のカフェにある食べ物や飲み物もこのMensaカードで支払いができます(館内のカフェでは現金払いはできずこのMensaカードでのみ支払いが可能です)。 ●グ