ベルリン・グリップスシアターで、「地下鉄1号線」を観る

50年以上の歴史を誇るベルリン・グリップスシアター(GRIPS Theater)の代表作、「地下鉄1号線(原題: “Linie 1”」を鑑賞してきました。 舞台は東西に分裂されていた時代のドイツ、べルリン。西ドイツの小さな町出身の少女が、ミュージシャンの恋人を探しに大都会の西ベルリンに到着するところから物語は始まります。 地下鉄1号線の電車内で、大都会ならではの強烈な個性のキャラクター達が出会い、関わっていく様子がユニークな音楽と一緒に愉しめます。 このミュージカル「地下鉄1号線」は、1986年にグリップスシアターで初上演されてから大人気となり映画化もされ、初上演から33年たった今でもこのシアターの目玉作品です。 グリップスシアターの魅力は何と言っても舞台と客席の距離。 客席のすぐ目の前で、舞台の段差もなく物語が繰り広げられ、まるで自分がその作品の世界に入り込んだかのよう。 この作品「地下鉄1号線」に限り、舞台の両端に英語の字幕が表示されます。 80年っぽい音楽を生演奏するのは1986年の初上演から変わらず演奏し続ける今や初老のバンドマンたち。かなりパワフルです。 時代が移り変わっっても決して色褪せる事なく、逆に新たなベルリンの魅力を発見する事ができるこの作品は、定期的にベルリン・グリップスシアターで鑑賞することが出来ます。 ●GRIPS Theater 住所: Altonaer Straße 22 10557 Berlin (最寄駅: 地下鉄9番 「Hansaplatz」駅) 電話番号: 030 - 39 74 74 77 上映スケジュール、チケットのプライスは以下の公式サイ

(ベルリンのイベント)2019年のベルリン観光情報(3月〜6月)

3月 ITBベルリン / ITB Berlin - International Travel Trade Show Berlin 観光についての見本市(メッセ)。ドイツの地方だけでなく世界各国の観光情報を紹介する。特産品や観光地の紹介を行なっており、実際に旅行に行かなくても、旅行気分を楽しめる。 開催日: 2019年3月6日から3月10日(要入場料) https://www.itb-berlin.de/ メルツミュズィク / MaerzMusik 現代音楽の大規模なイベントでベルリン各所の会場で開催される。旧発電所のkraftwerkで開催される30時間にわたる様々な音楽の演奏The long nowは必見。他にも魅力的なプログラムが用意されており、現代音楽ファンにお勧めのイベント。 開催日: 2019年3月22日から3月31日(要入場料) https://www.berlinerfestspiele.de/de/aktuell/festivals/maerzmusik/ueber_festival_mm/aktuell_mm/start_maerzmusik.php 4月 イースター / Ostern キリスト教のお祭りの一つで、十字架に架けられたキリストの復活を祝う。ここドイツでは祝日となっており、広場などではマーケットなどのイベントが開催される。場所によっては、積み上げた木を燃やすイースターファイアーが行われ、幻想的な雰囲気を楽しむことができる。 開催日: 2019年4月21日(イースターファイアーは4月20日) ギャラリーウィークエンド / Gallery Weeken

(ベルリンの建築)ドイツ連邦議会議事堂と合わせて見ておきたいノーマン・フォスターの作品「ベルリン自由大学図書館」

大学の図書館というのは、著名な建築家によって設計されることが多いですが、ドイツにあるベルリン自由大学の図書館も世界的に活躍する建築家が手掛けています。その建築家は、ガラスの円形屋上ドームで有名なドイツ連邦議会議事堂を設計したイギリス人建築家ノーマン・フォスターでした。今回紹介する図書館は、曲線でなる近未来的な特徴的なデザインで、突飛な形をした建築に見えますが、それは現代の図書館の在り方を体現するために大きな役割も担っているのです。ドイツ連邦議会議事堂の方は、ベルリンにあるフォスターの作品としてよく知られていますが、今回のベルリン自由大学図書館についてはあまり知られていないと思いますので、今回はベルリンで見られるもう1つにフォスターの作品について詳しく見ていきましょう。 ノーマン・フォスターによって新設された図書館は、既存の大学建物の中庭に建てられました。この新しい図書館の計画の中には、既存建物の修復も含まれていました。図書館周囲の建物は、1970年代にカンディリス・ジョシック・ウッズ・シードヘルムが格子状の軸をもとにした大学キャンパスの計画によって建設されました。この建物で最も特徴的な点は、やはりコールテン鋼で仕上げられた外壁でしょう。コールテン鋼の錆びた外観から「ローストラウベ(Rostlaube)」、「錆びた車」というあだ名が付けられているようです。 この度の建設では、このファサードも経年劣化によって修復が必要であったため、コールテン鋼鉄から青銅に取り替えられ、時間の経過とともに過去と同様の色合いに変化していくようです。格子状のグリッドに沿って建築された既存の建物でしたが、

(ベルリンの観光情報)ベルリンの公共交通機関のストライキに関する続報

ベルリンの公共交通機関(BVG)の組合が2019年2月15日の始発から昼12時までストライキを行います。下記の例外を除くバス、地下鉄、トラムが運休となります。なおSバーンは通常通り運行しますが、乗客が多く集まってしまうことで、通常通りの運行が行萎えない可能性があります。 ストライキ中も運行するバスは下記の通りです。下記のラインのバスは通常通りの運行を予定しています。 106, 161, 162, 163, 168, 175, 179, 218, 234, 263, 275, 284, 320, 322, 334, 341, 349, 363, 365, 371, 373, 380, 399 下記のラインのバスは、本数を減らす形で運行されます。 112, 140, 184, 283, 370, 893 BVG公式ページ https://www.bvg.de/de/ ドイツではストライキなどが起きるため、予定通りに旅行を行えない可能性もあります。 Berlin Easy Stayでは現地の交通事情に合わせた旅行のプランニングを行うことができますので、ぜひご相談ください。 #ベルリン #ストライキ情報

(ベルリンの観光情報)ベルリンの公共交通機関でストライキの予告(2019年2月15日始発から12時まで)

ベルリンの公共交通機関(BVG)の組合が2019年2月15日の始発から昼12時までストライキを行うと発表しました。ストライキによって、地下鉄、トラム(路面電車)、バスのほぼ全てが運休する予定となっています。またSバーンの運行にも大きな影響を与える可能性があります。2月15日の午前中にベルリンの公共交通機関の使用を避けるようにしてください。 BVG公式ページ https://www.bvg.de/de/ ドイツではストライキなどが起きるため、予定通りに旅行を行えない可能性もあります。 Berlin Easy Stayでは現地の交通事情に合わせた旅行のプランニングを行うことができますので、ぜひご相談ください。 #ベルリン #ストライキ情報

(ベルリンの史跡)ブランデンブルク門を訪れる前に知っておきたい基礎知識

ベルリンと言えば、まずブランデンブルク門も思い浮かべる方も多いと思います。実際にブランデンブルク門は、連日多くの人々が訪れる観光名所となっており、ベルリンの街を象徴する1つの建造物であります。誰もが見慣れているブランデンブルク門ですが、それがどのような門であるかという詳しいことを知っている方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、ブランデンブルク門が建造された経緯やそのデザインなどについて見ていきたいと思います。 ブランデンブルク門が建設されたのは1789年から1793年の間で、当時のプロイセン王であったカール・フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の指示によって、カール・ゴットハート・ラングハンスがその計画を任されました。ヴィルヘルム2世はラングハンスに、プロピュライアというアテネのアクロポリスにある入口の門のデザインをブランデンブルク門の設計の参考にするよう伝えていました。それに加えて、街が隣接するティアガルテンの緑豊かな地域とつながるように、可能な限り見通しの良い開けた門にするように要求していたようです。こうしたことを踏まえて、ラングハンスはブランデンブルク門の奥行きを比較的浅くしたり、柱を細くするなどしながら、上の荷重にしっかりと耐えられるように柱間は壁で覆うデザインを取り入れました。 要塞の廃止が決まる18世紀までは、ベルリンも他のヨーロッパの都市と同じように街が壁で取り囲まれていた城郭都市でした。当初、要塞壁の設けられた門というのは、街を出入りするための門としての役割を果たしていたわけですが、人口の増加により街が壁の外へと拡大していったため、要塞壁に軍事的な意味はほとん

ドイツの航空会社Germaniaが破産。ドイツで飛行機を使う旅行の際は要注意。

ドイツの航空会社Germaniaが2019年2月5日に破産手続きに入りました。Germaniaの運行は2月5日よりキャンセルされているため、Germaniaを利用して旅行を計画している方は、旅行プランの変更をしてください。なお2017年にドイツの航空会社Air Berlinが破産手続きを取っており、ここ数年のうちにドイツの航空会社が立て続けに破産したことになります。 航空会社の経営状況についてはドイツの新聞などで掲載されており、現地の事情に精通した旅行会社や旅行企画会社は、こうした問題を把握しています。Berlin Easy Stayはドイツの旅行事情に精通している旅行企画会社ですので、気兼ねなくご相談ください。 #ベルリン

ベルリンで一番小さな映画館? 独自のセンスが光る映画館、「Lichtblick-Kino」

Rosenthalerplatz駅からPrenzlauerberg地区に向かう途中にひっそりと佇む小さな映画館、「Lichtblick-Kino」。 ここでは新しい話題の映画だけでなく政治的作品、アート作品、クラシック作品からアニメ作品まで、センス溢れる映画が定期的に上映されています。 建物は映画館とは思えないほど小さく、座席も32席しかありません。それもそのはず、ここは昔お肉屋さんだったところを改造して映画館にしたのだそう。 ニコラスケイジが天使役を演じた「シティ・オブ・エンジェル」のオリジナル作品、「Der Himmel über Berlin」(邦題: 「ベルリン・天使の詩」)もここでは定期的に上映されています。 1987年に公開されたベルリンが舞台の映画作品を、それから30年以上も経った今でも大きなスクリーンで見ることができるというのはなかなか感慨深いものです。 そのほかに、日本でも話題となった「万引き家族」も2019年2月3日-2月5日のスケジュールで上映されます。また、毎週末の午後は子供用の作品が観れたり、2月11日にはベルリン映画祭(Berlinale)参加作品も鑑賞出来たりと、面白そうな企画が目白押しのこの映画館を訪れたら、今まで体験したことのない映画体験ができるかもしれません。 ●Lichtblick-Kino 住所: Kastanienallee 77 10435 Berlin 電話番号: +49(0)30 - 44 05 81 79 営業時間、映画の上映スケジュール、チケットのプライスは以下の公式サイトでご確認ください 公式ブログサイト(ドイツ語) #ベル