特集記事

​ブログ

April 22, 2018

20世紀の芸術界に大きな影響を与えたバウハウスと言えば、ドイツ・デッサウにある初代校長ワルター・グロピウス設計の校舎を思い浮かべる方も多いともいます。1996年にバウハウスの他の建造物とともに世界遺産登録されたこの校舎は、内部を見学できることはもちろんのこと、当時学生寮であった棟に宿泊することも可能で、バウハウスを一日中体験できるようになっています。デッサウにおいてこのような素晴らしい校舎が建てられたバウハウスですが、ここでは1925年から1932年というわずか7年の活動で、1932年にはベルリンに再移転し、そこでもすぐに閉校に追い...

April 17, 2018

日本でも昔から馴染みがある、さらに数年前からは若い女性の間でもそのお手軽さと高い保湿効果で、再び人気になった「NIVEA」。実は100年ほど前にドイツで産まれたブランドです。

ドイツ国内には、NIVEAの専門店「NIVEA HAUS」が、ベルリンとハンブルグに2店舗あり、その店内はドイツ人、旅行中のお客さんで連日にぎわっています。

ベルリンの「NIVEA HAUS」では、店の入り口で「NIVEA ベア」が出迎えてくれます。

(ちなみにこのベアは「Buddy bear」という名前で、様々な模様のバリエーションがあり、ベルリン市内の至る所にい...

April 3, 2018

20世紀のデザイン界はもちろんのこと、現代にも影響を与え続けている「バウハウス」。それは、ワルター・グロピウス、ハンネス・マイアー、ミース・ファン・デル・ローエといった名だたる建築家たちが次々と校長を務めた芸術学校でした。しかし、バウハウスは1919年から1933年というわずか14年間だけ存在し、また場所もワイマールからデッサウ、そしてベルリンと二転三転するという非常に厳しい環境の中にありました。その中でも当時の校舎などは、1996年に「ワイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群」というかたちで世界遺産に登録されました。今回は...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリーから検索
Please reload

タグから検索
Please reload