特集記事

​ブログ

May 31, 2018

戦後ドイツは戦勝国によって国土を二分され、約半世紀に渡り東西冷戦の最前線としてお互いにそれぞれの政治的イデオロギーを対立させてきました。前の回では、共産主義体制がつくり出してきた東ベルリンの建築や都市景観を紹介してきましたので、今回は、アメリカ・イギリス・フランスといった資本主義体制下にあった西ベルリンで形づくられてきたそうしたものを見ていきましょう。

1957年、西ベルリンのハンザ地区において戦後の街の復興シンボルという意味合いで国際建築展が行われました。そこには、コルビュジエ、グロピウス、アアルト、ニーマイヤーといった世界中の名立...

May 22, 2018

ドイツ、特にベルリンに来たら一度は食べて欲しいものが、カリーヴルストです。カリーヴルストとは、焼いたソーセージ(ドイツ語で「ヴルスト」)の上に特製ケチャップソースをかけて、カレー粉をまぶしただけなのですが、小腹が空いた時やビールのお供にぴったりです。

ベルリンのどこで、誰がこの名物料理を発見したかは諸説ありますが、美味しいカリーヴルストを食べれるお店がベルリンにはいくつかあります。

今回はベルリン観光の中心地、Alexanderplatz駅から地下鉄(U2、PANKOW行き)で3駅、Eberswalder Straßeを降りてすぐのKO...

May 13, 2018

東西ドイツが統一されてから早くも30年が経とうとしています。第二次世界大戦からおよそ半世紀に及ぶ東西分断は、国土や人々、さらには文化をも二分しましたが、東西統一後は時間とともに当時の気配は薄れてきました。しかし、街がそのまま2つに分断されたベルリンでは、当初から色々な形でそれぞれの政治的な主張が行われ、建築・都市においてもそれは同様で、そうした一面は現在でもうかがい知ることができます。今回は、「東ベルリン編」と「西ベルリン編」の2回に分けて、今でも体感することができる東西分断時代の建築・都市について紹介していきたいと思います。

第二次...

May 8, 2018

ドイツのチョコレートといえば、リッタースポーツ。

ドイツではどのスーパーに行っても、様々なフレーバーのリッタースポーツ・チョコレートが売られています。そして、そのリッタースポーツのオリジナルショップがベルリンの中心地にあります。

「カラフルチョコワールド(BUNTE SCHOKOWELT)」と大きく書かれた建物の中に入ると、チョコレートのいい香りしてきます。

このショップでは、自分の好みのフレーバーをミックスして、オリジナルのリッタースポーツ・チョコレートが作れる「MY CHOCOLATE CREATION」という、特別なサービスが楽しめ...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリーから検索
Please reload

タグから検索