特集記事

​ブログ

December 28, 2018

ベルリンで大晦日をどう過ごすかをまだ考え中の方に、ベルリンでの大晦日の催し物を3つだけですがご紹介したいと思います。

1.ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)周辺

ベルリンの大晦日イベントで一番有名なのはブランデンブルク門周辺でしょうか。門から戦勝記念塔(Siegesäule)まで約2kmに渡りイベントや屋台が立ち並びます。

2018年12月31日は14時頃から門が開き、夕方頃から音楽演奏が始まります。

19時からはDJや生バンドによるライブ、ベルリンのテレビ局ZDF主催のミュージックライブは20時15分から始まり、カウ...

December 26, 2018

20世紀前半における建築様式の主流は、ル・コルビュジエやワルター・グロピウスの作品を代表とする近代建築でした。しかし、その同時代には合理的・機能的な理念や造形を持つモダニズムとは対照的な建築様式もありました。それが、曲線を積極的に用いるような自由な造形の表現主義建築でした。そうした曲線的な造形ということもあり、表現主義建築は計画案だけで実現することがなかったものや、アインシュタイン塔のように周囲に建物などが少ない街の郊外に建てられるものが多くありました。しかし、その中で様々な制約がある都市の中に建てられたものがあります。それが、ベル...

December 18, 2018

今回紹介するのは、「ノイエ・ヴァッヘ」という小さな古典建築です。それは、博物館島からブランデンブルク門を結ぶウンター・デン・リンデンというベルリンの目抜き通り沿いに建てられています。この大通り沿いは、ベルリンの中心地ということもあり、大きな建物が建ち並んでいますが、その中にぽつんと1つだけ建っている小さな建物がこのノイエ・ヴァッヘになります。この建築を手掛けたのはドイツを代表する建築家の一人であるカール・フリードリヒ・シンケルですが、なぜこのような場所にこのような建築が建設されたのでしょうか。

この建物は、ナポレオン戦争勝利を記念して...

December 11, 2018

1995年にイギリス・ロンドンでリエイティブな人が集まるための場所「HOUSE」として創立され、今やヨーロッパを中心に世界各国20箇所にある会員制サロン、およびホテルの「SOHO HOUSE」。

その「SOHO HOUSE BERLIN」ホテルが、Alexanderplatz駅から歩いても行ける距離にあります。

建物内1階にはカフェやセレクトショップ「The Store Berlin」があり、ホテルを利用しない人でも、誰でもふらっと立ち寄ることも出来ます。

「The Store Berlin」も元々はイギリスにあるショップらしく、ベルリン...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリーから検索
Please reload

タグから検索