特集記事

​ブログ

March 21, 2019

ベルリン、フランクフルト、ハンブルク、ケルンなど大きな街に数多く展開し、ベルリンMitte地区に新しくベルリン4店舗目ができた、ドイツのオーガニックベーカリー、Zeit für Brot (ドイツ語で「パンの時間」)。

ここで売られているパンはビオランドの材料だけが使用されています(「ビオランド」とは、50年ほど昔に農業関係者によって創設されたドイツ最大のオーガニック認証機関)。

ベーカリーの伝統と新たな時代傾向の融合をテーマに掲げているこのベーカリーは、常に幅広い世代のお客さんで賑わっています。

お店の看板商品がZimtschnecke...

June 7, 2018

美味しいビールが更に美味しい季節になってきました。

夏の暑い週末に、やたらと人が集まっているなとその場所に近づくとビールやワインのイベントをやっていることも多いベルリン。

その例に漏れずたまたま友人と訪れたPrenzlauerberg地域の、Kulturbraereiに訪れた際には「手作りビールフェスティバル」がやっていました。

ちなみに、この場所はもともとビールの醸造所だったところを改装してスーパーや小さなショップ、バーなどが隣接する場所に改造してあります。「Kulturbrauerei」という言葉も、直訳すると「文化醸造所」という意味...

May 22, 2018

ドイツ、特にベルリンに来たら一度は食べて欲しいものが、カリーヴルストです。カリーヴルストとは、焼いたソーセージ(ドイツ語で「ヴルスト」)の上に特製ケチャップソースをかけて、カレー粉をまぶしただけなのですが、小腹が空いた時やビールのお供にぴったりです。

ベルリンのどこで、誰がこの名物料理を発見したかは諸説ありますが、美味しいカリーヴルストを食べれるお店がベルリンにはいくつかあります。

今回はベルリン観光の中心地、Alexanderplatz駅から地下鉄(U2、PANKOW行き)で3駅、Eberswalder Straßeを降りてすぐのKO...

September 14, 2017

日本でロシア料理と言えばボルシチやピロシキが有名ですが、それ以外のメニューを口にしたことがあるひとは少ないのでは?

地理的には海を挟んで日本の隣にあるロシア。

しかし首都モスクワがかなりヨーロッパ寄りにあるからか、やはり遠い国というイメージがありますよね。

でもベルリンには数多くの本格的なロシアンレストランがあります。

1700年代のロシア帝国時代、多くのドイツ人が移民としてロシアへ行きその子孫が存在すること、第二次世界大戦後、東ドイツの一部を旧ソ連が支配しており人と物の交流があったこと、他国とは異なり戦後にソ連はドイツに対して厳しい制裁を...

August 13, 2017

ベルリン ミッテ地区のAlte Schönhauser Str (アルテ シェーンハウザー通り)からWeinmeister Str (ヴァインマイスター通り) 周辺はおしゃれなショップが立ち並ぶお買い物スポットです。

買い物に少し疲れたら、夕食の時間になったら立ち寄って欲しいレストランがこちら!

Alte Schönhauser Str とMulack Str (ムラック通り)の角にある小さなイタリアンレストラン[Mädchenitaliener (メドヒェンイタリエナー)]です。

店名を直訳すると[イタリア人の女の子]。その名の通りガー...

February 8, 2014

1月末から冷え込み、ベルリンは一面の雪景色となりました。ところが2月に入ると、一転して気温が上がり、ベルリンの風景は元通りに。季節的には一番寒い時期のはずですが、既に春の気配さえ感じます。これからは屋外に長く居ても寒くないかもしれません。それならばと思い、外で待つことを覚悟して大人気のお店に行ってきました。それは美味しい鳥料理で有名なお店「henne」です。

「henne」があるのはベルリンの中心部から少し南に行ったクロイツベルク地区。特に多くの飲み屋さんが集まるコトブッサートアー駅の近くにあります。お店が開店するのは18時。前回訪れ...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリーから検索