• BES

ドレスデンでSLの車窓を楽しむ


ベルリンの周辺には日帰り旅行ができるような大都市が幾つかあります。今回その中で紹介したいのはドレスデン。ベルリンの南東部にあり、特急電車で2時間弱で訪れることができます。多くの人は市内中心部にあるオペラハウスや美術館を訪れるかもしれません。ですが、それ以外にも忘れてはいけない見所があります。それは郊外にある城、シュロスモーリッツブルクです。

シュロスモーリッツブルクはドレスデンの北部にあります。市内から約9キロと少し離れているのですが、楽しみながら訪れることができるでしょう。というのもSLが走るレースニッツグルンド鉄道が城の近くまで運行されているからです。もちろん決して早く目的地にたどり着ける訳ではありません。のんびりとのどかな風景を楽しむことができるのです。

出発駅となるのはドレスデン中央駅から鉄道で数駅の所にあるラーデベイルオスト駅。ホームに降り立つと併設されたホームに停まるSLの車両が見えます。客車の中には屋根のないものもあり、開放感を楽しめるような車両から普通の車両まで用意されています。そのためSLの車窓を存分に楽しめるようになっているのです。

目的地の城があるのはモーリッツブルク駅。出発駅から目的地の駅までは30分ほどで到着します。出発駅を発車したSLが走り抜けるのは街の中。家の近くを通るため、郊外の広々とした家や庭などを見ることができます。しばらく走ると、車窓に見えた街並みはのどかな草原や湖の風景へと変わります。そして小さな郊外のモーリッツブルク駅に到着します。

目的地はモーリッツブルク駅ですが、線路は先のラーデブルク駅へと伸びています。ただし大半の列車はこちらで折り返してドレスデンへと戻ります。ということで私が乗った列車はここで先頭の機関車を最後尾へと移動させて、反対側へと走るための準備を行いました。煙を吐きながら機関車が反対に向きに走る様子は滅多に見られない光景。鉄道好きでなくとも、ついつい眺めてしまうものでした。

こちらのSLの運行本数は多くありませんが、毎日運行されています(整備のため一部の休日が予定されています)。そのため気軽にSLの旅を楽しむことができるでしょう。何より素晴らしいのは美しい街並みやのどかな風景を楽しめること。また到着駅には観光名所である城があるため、ただ移動を楽しむだけに留まりません。もしドレスデンを訪れたなら、SLでのんびりとした旅を楽しんでみてはどうでしょうか。 次回は美しい風景が楽しめるシュロスモーリッツブルクを紹介します。 ●レースニッツグルンド鉄道(Loessnitzgrundbahn) ホームページ: http://www.loessnitzgrundbahn.de/ ●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。 Berlin Easy stay MAIL:info@berlineasystay.com TEL:0049 30 8574 3927 電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

#ドレスデン