• K.H.

2020年のサマータイムが3月29日2時より始まりました

更新日:2020年10月8日

2020のサマータイムはこちらの記事でも紹介しています。

2020年ドイツで夏時間(サマータイム)が終わるのは10月25日です


ドイツではコロナウイルスの騒ぎが深刻になってきています。ベルリンでは日用品を販売するスーパーマーケット以外は営業を止めている状態です。各州によって多少の違いはありますが、少なくとも観光ができる状態ではありません。早く問題が解決して通常の生活が戻ってくることを願っています。観光施設の営業再開の状況については、問題が落ち着き各施設が情報を発表次第、重要な施設の営業情報をお知らせできればと思っています。


なおドイツでは2020年3月29日2時より、サマータイム(夏時間)に入りました。今まで日本との時差は8時間ありましたが、サマータイムによって7時間の時差となります。日本が7時間先行しているため、日本でお昼の12時は、ドイツで朝の5時になります。2020年の夏時間の終了は10月25日、日曜日の3時です。夏時間が終われば、また日本との時差は8時間に戻ります。


サマータイムですが、EUの決定により2021年に廃止が予定されています。そのため廃止が確定されれば、今までのようにサマータイムによって、時計の針を動かすことは無くなるでしょう。いずれにせよ、2020年はサマータイムがあり、冬にはサマータイムが終わります。今年も日本との時差が8時間と7時間と冬と夏で変わることに気を付けてください。



○ドイツ旅行、ドイツでのガイド、空港送迎、チケットの手配などが必要でしたら、こちらのお問い合わせにご連絡ください。Berlin Easy Stayでは、素敵なドイツ旅行を演出します


最新記事

すべて表示

2022年3月3日より、日本からの渡航者への従来の登録及び隔離義務が撤廃となりました。 入国時に証明書提示は未だ義務となりますが、ドイツ国内でもショッピングや飲食店、宿泊先のチェックインなどで必要ですので、いずれ準備しておく必要があります。 ワクチン接種証明書、回復証明書、もしくは陰性証明書(以上3G、ドライゲーと呼ばれます)のいずれかの提示で入国が可能となりますが、抗原及びPCR検査の陰性証明書

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 コロナウイルス感染拡大が収まるまでのしばらくの間ブログはお休みさせていただきます。 また、お問い合わせご予約につきましてもメールのみでの受付とさせていただきます。 よろしくご理解のほどお願いいたします。 お問い合わせ:info@berlineasystay.com