• K.H.

ベルリン の地下鉄で新しく誕生した駅Rotes Rathaus(赤の市庁舎)と周辺のお勧めスポット「ニコライ地区」

ベルリンでは街の中心部に地下鉄の路線U5が延伸してベルリン中央駅へと接続され、かなり便利になりました。そして路線の延伸の際のために、新しい地下鉄の駅が誕生し、幾つかの観光地が訪れやすくなりました。そんな地下鉄の駅の一つがRotes Rathausです。それによって駅近くのニコライ地区(Nikolaiviertel)が気軽に訪れるようになり、新しい駅のオープンと共に多くの人が訪れるようになっています。今回はそんなRotes Rathaus駅とニコライ地区について簡単に紹介します。

2020年12月4日に新しく誕生したRotes Rathaus駅があるのは、その名前の通り赤の市庁舎の近くです。赤の市庁舎はベルリン 中心部にあり、周辺にはベルリン のテレビ塔が聳え、少し歩けば博物館島があります。隣駅が街の東の中心部となるアレクサンダープラッツなので、アレクサンダープラッツから歩いて5分ほどでRotes Rathaus駅にたどり着くことができます。このようなRotes Rathaus駅のすぐ横にあるのがニコライ地区です。今までは最寄駅がアレクサンダープラッツ駅でしたが、新しい地下鉄の駅のオープンによって、駅から歩いて数分で訪れることができ、気軽に行ける観光スポットになったのです。

ニコライ地区は地区と呼ばれていますが、決して広くはなく街の一角と呼べるような場所です。散歩をしていても15分ほどで重要な場所は回れてしまうような広さです。そんな街角には大都市の中心部らしからぬ、昔ながらのベルリン の街並みが広がっています。こちらの場所は第二次世界大戦前まで中世の街並みが残されていましたが、戦災によって破壊されて廃墟と化してしまいました。しかし1987年のベルリン 誕生750周年記念に合わせて再建されて、今ではベルリン の昔の街角を残す場所として多くの観光客が訪れる場所となっています。

ニコライ地区を歩いていると、雰囲気のある街並みを見つけることができるでしょう。石畳の道に、蔦が伸びる外壁。そして空を見上げるとニコライ地区の中心に建てられている聖ニコライ教会の塔が目に入ってきます。ニコライ地区から出れば、高層ビルが建ち、近代的な建物が並ぶ現代の街並みが見えるため、街並みの落差に驚かされるかもしれません。ベルリンは大都市で第二次世界大戦の戦場となった場所であるため、古い建物はほとんど残されておらず、残念ながら私たちが思い描くヨーロッパの街並みを見ることは簡単ではありません。しかしここニコライ地区では街の中心部でありながら、こうした雰囲気のある街並みを楽しむことができるのです。

ニコライ地区では街並み以外にも幾つかの見所があります。例えば、ニコライ地区のランドマークとなる聖ニコライ教会は博物館となっており、教会の建築を楽しめるだけでなく、開催される美術作品の展示も楽しむことができます。他にも19世期初頭の裕福な家族の住まいを見せるクノーブラウフ邸博物館、そしてベルリンの歴史や文化をテーマとする展示を行うエーフライム邸博物館もあります。いずれも小規模な博物館で国際的に有名な観光スポットではないため、多くの観光客の人混みにもまられることなく、ゆったりと展示を楽しむことができるでしょう。そしてベルリン の文化や歴史に触れることができるかもしれません。

このようなニコライ地区で最後にお勧めしたのが、シュプレー川沿いのレストランやカフェで食事やお茶を楽しむことです。川沿いからはベルリン中心部に聳える雄大なベルリン大聖堂を眺めることができます。また再建が終わったベルリン王宮も一緒に眺めることができるでしょう。シュプレー川沿いから見える風景は近代的な建物が目に入ることなく、古いベルリンの風景を楽しむことができるのです。ぜひ天気の良い日にカフェやレストランで、ニコライ地区を楽しみながら、ゆったりと古き良き時代の雰囲気を楽しんでください。


ニコライ地区(Nikolaiviertel)

アドレス:Rathausstraße 21, 10178 Berlin

web-site:http://berlin-nikolaiviertel.com/


聖ニコライ教会(Museum Nikolaikirche)

アドレス:Nikolaikirchplatz, 10178Berlin

入場料:6ユーロ

web-site:https://www.stadtmuseum.de/nikolaikirche


クノーブラウフ邸博物館(Museum Knoblauchhaus

アドレス:Poststraße 23, 10178 Berlin

入場料:無料(募金制)

web-site:https://www.stadtmuseum.de/knoblauchhaus


エーフライム邸博物館(Museum Ephraim-Palais

改装のため2021年秋まで休館

アドレス:Poststr. 15 10178 Berlin

入場料:7ユーロ

web-site:https://www.stadtmuseum.de/ephraim-palais


地下鉄の路線U5の延伸についてはこちらの記事で紹介しています。

ベルリンの地下鉄路線U5の延伸で市内中心部の移動がさらに便利に


○ドイツ旅行、ドイツでのガイド、空港送迎、チケットの手配などが必要でしたら、こちらのお問い合わせにご連絡ください。Berlin Easy Stayでは、素敵なドイツ旅行を演出します