• K.H.

2021年ドイツでサマータイム(夏時間)は3月28日に始まります。

最終更新: 3月5日

ドイツのベルリンでは気温が10度以上まで上がり、そして日没時間も18時近くになり、春の気配が感じられるようになりました。そこで忘れてはいけないのは、夏時間・サマータイムです。他のヨーロッパ諸国と同じようにドイツではサマータイムがあり、サマータイムによって時計の針が1時間進むことになるため、夏と冬とで日本との時差が異なることになります。今回は2021年のサマータイムがいつから始まるかを紹介します。



2021年ドイツのサマータイムが始まるのは3月28日の午前2時です。午前2時になると時計の針が1時間進むことになります。つまり午前2時が午前3時になるのです。冬の間は日本との時差は8時間ですが、サマータイムの期間には日本との時差が7時間となります。そのためサマータイムを忘れていると、時計の針が1時間進んでいることに気付かなくなるので気を付けてください。


いずれにせよ、2021年は3月28日午前2時にサマータイムに入ります。もしドイツに入り場合は、アナログの時計などはサマータイムに自動的に変更することに対応していないので気を付けてください。日本にいる場合は、時差が8時間から7時間となるため、打ち合わせや連絡の際の時間に気を付けて下さい。


○ドイツ旅行、ドイツでのガイド、空港送迎、チケットの手配などが必要でしたら、こちらのお問い合わせにご連絡ください。Berlin Easy Stayでは、素敵なドイツ旅行を演出します。