• K.H.

デッサウのバウハウス関連施設の開館状況について(2020年5月21日現在)

最終更新: 5月29日

コロナウイルスによる規制が始まってから、ドイツでは多くの文化施設が臨時休館となっています。2019年に設立100周年を迎えたバウハウスの施設もその例外ではありません。デッサウには世界遺産に指定されているバウハウスの校舎が今の昔のままの姿で残されていますが、こうしたバウハウス関連の施設が2020年5月12日より再び開館することになりました。


2020年5月21日現在、再び開館しているデッサウのバウハウス関連の施設は、バウハウスの本校舎(Bauhausgebäude)、コンシュームビルディング(Konsumgebäude)、新しく再建されたマイスターハウス(Neue Meisterhäuser Dessau)、バウハウスミュージアム・デッサウ(Bauhaus Museum Dessau)などが訪問可能となっています。ただし、マイスターハウス(Meisterhäuser)は今も臨時閉館となっています。またガイドツアーでのみ訪問可能なシュタールハウス(Stahlhaus)もガイドツアーが行うことができないため、訪問することができません。


現在再オープンしている施設については、訪問の際にマスクの装着が義務付けられています。またチケットの購入はオンラインでの購入が推奨されています。またチケットについては2020年の6月30日まで割引価格が適応されます。



デッサウのバウハウス関連の施設については、下記のホームページで詳細を確認することができます。(英語)

https://www.bauhaus-dessau.de/en/index.html


バウハウス関連の施設におけるコロナウイルスに関連する対応などについては、下記のページで確認することができます。(英語)

https://www.bauhaus-dessau.de/corona-faq-en



コロナウイルスで中止となったイベントや、施設の再オープンに関連する記事はこちらでも紹介しています。

●「博物館島の再オープン状況(2020年5月11日)」

●「ベルリン、ポツダム、オラニエンブルクの宮殿、庭園のオープン状況-2020年5月10日)

●「ベルリンの博物館、美術館、動物園、植物園の再オープン状況(2020年4月30日)

●「ベルリンで開催される主要イベントの中止について(2020年7月、8月開催分)

●「延期や中止が決まったベルリンで開催される主要なイベントについて

● 「2020年のオクトーバー・フェストは開催中止に


Berlin Easy Stay で紹介しているコロナウイルスの最新情報は下記より確認できます。

コロナウイルス関連情報

○ドイツ旅行、ドイツでのガイド、空港送迎、チケットの手配などが必要でしたら、こちらのお問い合わせにご連絡ください。Berlin Easy Stayでは、素敵なドイツ旅行を演出します。