• K. H.

(ドイツの観光情報)2019年の冬時間が始まるのは10月27日です

最終更新: 2019年12月25日


ドイツを旅行する際に気を付けておきたいことの一つはサマータイムです。日本であれば夏でも冬でも時計の針が指す時間はいつも同じです。しかしドイツでは夏になると時計の針が進み、夏時間となります。そして冬には夏時間から時計の針が戻り、冬時間になります。2019年の冬時間が始まるのは10月27日の3時。冬時間がもうすぐ始まります。

ドイツは日本との時差が7時間です。例えば、ドイツが夜1時であれば、日本は朝8時で、日本が7時間先行していることになります。ただし、それはドイツが夏時間の期間の話。冬時間であれば、ドイツが夜1時であれば、日本は朝9時で、日本が8時間先行することになります。

サマータイムによって混乱するのは、夏時間と冬時間の変更を境にして時計の針が進んだり、戻ったりすること。ドイツ人であっても混乱してスケジュールを勘違いしてしまうこともあります。日本からの旅行で訪れる場合には、時差のためにさらに混乱してしまうでしょう。そのため夏時間と冬時間が変わる日は必ずチェックしておきましょう。

ちなみに2020年のサマータイムですが、3月29日の2時に夏時間が始まります。そして冬時間が始まるのは10月25日の3時です。もし2020年の旅行の際にはサマータイムについて、しっかり確認しておきましょう。

サマータイムについてはこちらの記事でも紹介しています。

2019年のサマータイムは3月31日にスタート

BERLIN EASY STAY ではドイツ旅行での手配やガイドを行っています。ぜひお問合せページからご連絡ください。

#サマータイム