top of page
  • K.H.

コロナウィルスの影響により、ベルリンで開催される大規模なコンサートやイベントの多くが4月19日まで休止または延期となります

更新日:2020年5月29日

3月11日ドイツ政府の発表があり、1000人以上の座席を持つ会場でのイベント、また1000人以上の参加者が予定されるイベントの中止が要請されました。これにより大人数を収容するシアター、オペラ、劇場などの多くが4月19日まで臨時休館となります。


ベルリンで開催する公演を休止する主要施設は以下の通りです。


●Berliner Philharmonie(客演を含む全ての公演を4月19日まで休止)


●Konzerthaus Berlin(大ホールでのコンサート4月19日まで休止)


●Staatsoper Unter den Linden(全ての公演を4月19日まで休止)


●Deutsche Oper Berlin(メインステージの全ての公演を4月19日まで休止)


●Komische Oper(全ての公演を4月19日まで休止)


下記の施設も開催するイベントの多くが4月中旬まで休止となります。


上記以外のベルリンにある施設の臨時休館や、イベントや公演の休止や延期も考えられます。また他の都市でもイベントの中止や、施設の休館も行われています。2020年4月19日までに訪れることを予定している場合には、施設やイベントのホームページを確認にして、開館しているか、公演するかを調べることをお勧めします。


コロナウィルス関連のニュースは下記の記事でも紹介しています。




Berlin Easy Stay で紹介しているコロナウイルスの最新情報は下記より確認できます。


○ドイツ旅行、ドイツでのガイド、空港送迎、チケットの手配などが必要でしたら、こちらのお問い合わせにご連絡ください。Berlin Easy Stayでは、素敵なドイツ旅行を演出します

閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドイツのコロナ規制緩和と渡航情報

2022年3月3日より、日本からの渡航者への従来の登録及び隔離義務が撤廃となりました。 入国時に証明書提示は未だ義務となりますが、ドイツ国内でもショッピングや飲食店、宿泊先のチェックインなどで必要ですので、いずれ準備しておく必要があります。 ワクチン接種証明書、回復証明書、もしくは陰性証明書(以上3G、ドライゲーと呼ばれます)のいずれかの提示で入国が可能となりますが、抗原及びPCR検査の陰性証明書

コメント


bottom of page