• K.H.

(ベルリンの観光情報)2020年はドイツの首都ベルリンにとって重要な年です。

明けましておめでとうございます。

2020年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


2020年はドイツの首都ベルリンにとって重要な年です。ベルリンを旅行する上で知っておきたい2020年に行われることを紹介したいと思います。2020年は特別なイベントが9月と10月に集中しています。また新しい空港の開港によって、ベルリン市内へのアクセス方法が変わるため気をつけてください。



2020年10月31日、ベルリン・ブランデンブルク国際空港オープン

ベルリンの新国際空港、ベルリン・ブランデンブルク国際空港がついに開港します。2011年にオープンするはずの新国際空港でしたが、施設の問題により開港が度々延期されてきました。しかし2019年11月に公式発表として、2020年10月31日に開港すると発表されています。これにより従来使われていたテーゲル国際空港は運行停止することになっています。なおテーゲル国際空港の閉港は2020年11月8日に予定されています。(今までも直前でのオープンの延期があったため、2020年11月以降にベルリンの空港を利用する場合は、開港日の確認に気を付けてください)

https://www.berlin-airport.de/de/unternehmen/aktuelles/news/2019/2019-11-29-ber-eroeffnungstermin/index.php


2020年9月、フンボルト・フォーラムのオープン

ベルリンの中心部に、東アジア美術館、民族博物館などの複合文化施設が入るフンボルト・フォーラムがオープンする予定となっています。フンボルト・フォーラムの建物は、博物館島の南側に位置してたロイセン王国の王宮を再建したもの。東アジア美術館と民族博物館は以前はベルリン郊外にあり、簡単に訪れることができませんでした。しかしフンボルト・フォーラムの開館によってベルリン中心部で、そして世界遺産の博物館島に隣接する場所で、その素晴らしいコレクションを見ることができるようになります。

(現在公式の開館日は発表されておらず、2020年9月開館予定となっています)

https://www.humboldtforum.org/en


2020年10月1日から3日、ドイツ統一30周年記念のフェスティバル

今年2020年は東西ドイツが統一して30周年記念の年です。昨年2019年はベルリンの壁崩壊30周年記念の年でした(1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊しましたが、東西ドイツが正式に統合されたのは1990年10月3日です)。昨年は11月に大きなイベントがブランデンブルク門で開催されましたが、今年2020年は10月にブランデンブルク門で記念イベントが開催されます。

https://www.berlin.de/events/2716319-2229501-tag-der-deutschen-einheit-am-brandenburg.html


ベルリンの観光情報については、こちらの記事でも紹介しています。

2020年にベルリンに新しい祝日が加わります(終戦記念日2020年5月8日)

ベルリンを訪れた際に気を付けたいスリ


○ドイツ旅行、ドイツでのガイド、空港送迎、チケットの手配などが必要でしたら、こちらのお問い合わせにご連絡ください。Berlin Easy Stayでは、素敵なドイツ旅行を演出します。